優れたメリットを多く抱えるギャンブル

この数年でギャンブルの世界が大きく変わってきたかもしれません。
2018年は日本でも東京オリンピックを再来年に控え、更に国会でカジノ法案化が可決したことで、今まで日本国内では認められていなかったカジノの運営に大きな一歩となったのではないでしょうか?

しかし、それでも外国にあるカジノ場がオープンするまでには、しばらく時間がかかったかりそうです。
でも、すでに本格的なカジノが日本にいながら楽しむことができることをご存知でしょうか?

日本に広まりつつあるオンラインカジノ

日本に広まりつつあるオンラインカジノ

日本でも本格的なカジノのゲームで楽しむことができるのです。
それはオンラインカジノというオンラインゲームスタイルのギャンブルなのですが、インターネットを通じてカジノサイトにアクセスして実際にお金を賭けて勝負するゲームです。

パソコンやスマホで賭けることになるのですが、本場カジノのようにスロットでコインを賭けて回すことで、ジャックポットの大当りを狙うこともできますし、ブラックジャックでディーラーとの駆け引きがネット越しに楽しむことができるのです。
あくまでバーチャル空間とは言え、本場さながらの臨場感とタイミングで楽しめるのです。

場所や時間を選ばないオンラインカジノ

オンラインカジノは、インターネット利用型ギャンブルなので、ネット環境があれば何処でもプレイに参加することができます。
そのため、自宅前だけでなくカフェや電車・バスの中でも賭けることができるので、通勤中や外回りの仕事でも空いているスキマ時間を利用することができる訳です。
しかも、オンラインカジノは、世界中に1000サイト以上もあるので、24時間カジノがオープンしている状態です。
このことから、何時でもできるというメリットもあります。

休日ならば夜遅くまで楽しむこともいいでしょう。
朝型まで賭けているということも出てくるかもしれません。
このように自分の生活スタイルに合わせて、賭ける楽しみを作り出すことができることもオンラインカジノの魅力と言えるでしょう。

ペイアウト率が高いこと

ペイアウト率が高いこと

ギャンブルの世界では、ペイアウト率や控除率というものがあります。
ペイアウト率とは、プレイヤーが賭けるお金と勝者に還元される配当金総額の比率のことで、この率が高ければ高いほど、プレイヤーは賭けて配当金を手にするチャンスが多くなってきます。
実は他の日本のギャンブルと比べてオンラインカジノのペイアウト率はとても高いのです。

競馬や競輪のペイアウト率は80%~85%と言われています。
パチンコにおいては、65%程度と見られているのですが、これに対してオンラインカジノの場合、90%~95%程度の互いにペイアウト率を誇っているのです。
しかも、カジノのゲームによっては、さらに高い率を実現しているものもあります。

例えば、ブラックジャックは、ペイアウト率が99%と驚異的な律を産み出しています。
驚くことに時に100%を越えるケースもあるとか。
この場合は、オンラインカジノの胴元に利益がなく、プレイヤーへの還元が多く経営的には、赤字になっているということになります。

しかし、これはブラックジャックに限ったことで、他のルーレットやポーカー、バカラ、ルーレットなどではしっかりと利益を産み出しているはずです。
この項の始めにふれた控除率もいうのが、胴元の利益となるのですが、例え100%越えていても、あくまでカードのブラックジャックだけの赤字なのです。

但し、他のゲームの控除率でも僅か5%程度ですが、このような低い控除率で、オンラインカジノが運営できるのでしょうか?
そう、オンラインカジノの胴元の控除率は日本の公営ギャンブルと比べてみると、とても低い率で運営されています。
しかしそれでもOKなのは、インターネットを通じて多くのプレイヤーがグローバル規模で参加するおかけで、控除率が低くても、運営ができるのです。

しかも、インターネットのバーチャル空間のカジノなので、本場カジノと比べてみても、運営費用が少なくて済むことも大きな要因と言えます。

オンラインカジノで遊ぶなら絶対に海外サイト

オンラインカジノで遊ぶなら絶対に海外サイト

これだけ楽しさと稼ぐ魅力があるオンラインカジノでも、アクセスして賭けるなら海外サイトであることが必須です。

おそらく日本国内ではオンラインカジノが存在しているとは思われないのですが、万が一国内にそのような類似サイトがあったなら、決して近づいてはなりません。
前述のカジノ法案可決でも、国内にオンラインカジノが公開されていたのであれば、それは完全な違法賭博となってしまうからです。

オンラインカジノはあくまで日本の賭博罪が適用されない海外サイトにアクセスして、プレイすることが容認されているので、日本でこのようなサイトを運営したり、参加することは決して認められているわけではないのです。
あくまで、オンラインカジノで賭けることは、「海外でオンラインカジノ」に契約するということになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です